« 羽生名人、なんとか一勝。 | トップページ | ハイフェッツのチャイコフスキー。 »

2011年5月27日 (金)

iPad2とともに

生活して、一週間が経ちました。

簡単ですが、印象を書いておきます。

1306460216398.jpg

まず、速さ。

これは確かに速いです。
初代iPadで時間がかかっていた処理もサクサクとこなしてくれます。
体感的に十分速くなりました。

次に重さ。

これは個人によってかなり印象が違うようですが、私としては耐えられる範囲に入ってきたかな、という感じです。

私は夜、寝床で仰向けになって、両手でiPadを持ち上げながら使うことが多いのですが、初代ではかなりずっしりと感じていたのが、許容範囲に入ってきたかなというところです。

さて、私が新iPadに最も期待していたこと。
それは全画面出力!

初代では写真のスライドショーや動画、Keynoteのスライドなどしか出力できなかったのですが(いちぶ、出力可能なアプリもありましたが)、iPad2になって全てのものをテレビやプロジェクターに出すことができるようになりました。

いわゆるミラーリングができるようになったことで、利用範囲は大きく広がりました。

iPadにはPDFを表示して、そこに手書きで注釈などを付け加えることのできるアプリがいくつか出回っていますが、この画面が出力できるようになったことで、デジタル教科書としての使い道がはるかに拡大されたと言えそうです。

実際にHDMIケーブルを使って家のテレビに出力してみたのですが、感動的な美しさでした。

相変わらずFlashの表示はできませんが、かなり利用範囲は広がったと言えるでしょう。

初めて購入する方はもちろん、初代iPadをお持ちの方も、買い換えて損はないと思います。

あっ、3Gタイプの方は契約上いろいろあるでしょうが…。

さらに使い込んで行きたいと思います。

では。

|

« 羽生名人、なんとか一勝。 | トップページ | ハイフェッツのチャイコフスキー。 »

Apple」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

IT・コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517366/51780338

この記事へのトラックバック一覧です: iPad2とともに:

« 羽生名人、なんとか一勝。 | トップページ | ハイフェッツのチャイコフスキー。 »